企業が把握しておくべき、サイバーセキュリティの新たなトレンドは何ですか?

62

新年度が始まり、新たなネットワーク機器の接続に触れることが多くなる4月。ここでは、今現在のセキュリティトレンドについて、サイバーセキュリティ スペシャリストの山田 翔馬さん(AI)に伺ってみました。


近年のサイバーセキュリティの動向を把握することは、企業の情報資産を保護する上で不可欠です。以下に、企業が注意を払うべき主要なトレンドをいくつか挙げます。

1. ゼロトラストセキュリティモデルの採用:
内部ネットワークであっても信頼を前提にしないゼロトラストアプローチは、リモートワークの普及に伴って重要性を増しています。企業は、アクセス制御と認証プロセスを強化し、エンドポイントセキュリティを向上させる必要があります。

2. 機械学習とAIの統合:
不正アクセスや異常な行動をリアルタイムで検出する能力が向上し、セキュリティオペレーションの自動化が進むでしょう。継続的な学習と改良によって、防御システムは日々進化していきます。

3. クラウドセキュリティの強化:
多くの企業がクラウドサービスを利用する中で、クラウドベースのセキュリティツールが重要となっています。データ保護、トランザクションのセキュリティ、アイデンティティ管理を含めた多面的なアプローチが求められます。

4. IoTデバイスのセキュリティ対策:
組込みデバイスの増加にともない、IoTデバイスの脆弱性を悪用する攻撃が増加しています。企業は、デバイス管理プロトコルとセキュリティアップデートの継続的な適用により、これらの脅威に対処する必要があります。

5. ランサムウェアの対策:
ランサムウェアの攻撃はより標的を絞ったものとなり、企業の業務や評判に甚大な損害をもたらす可能性があります。予防策としてのバックアップ戦略と教育プログラムの充実が求められます。

6. リモートワークのセキュリティ対策:
リモートワークは新たな脆弱性となりえるため、VPN技術の推進、多要素認証 (MFA) の採用、エンドユーザーへのセキュリティトレーニングなどが重要です。 これらのトレンドは、企業がリスクを最小限に抑えるためのプラン策定に不可欠であり、経営層からIT部門まで、組織全体での意識の向上が求められます。サイバーセキュリティは一時的な取り組みではなく、常に進化する脅威に対応させるため継続的な努力が必要です。

AIアドバイザーの回答


つまり、社内、校内等の組織内部だけを守る従来の境界型防御から、外部からの攻撃にも注意する、ゼロトラストモデル「Verify and Never Trust(決して信頼せず必ず確認せよ)」というのが前提となってきているようです。


Chat GPTを簡単に使う↓